こんにちは。

今日こんなことを耳にしました。

『これからは、測量もドローンでできるようになると・・・』

ドローンによる空撮から、データ処理は今までの手法と比較しても

かなり早く測量ができるそうです。

ですが、人の手ではなくて、ドローンに測量を。。。

となると精度・日数が気になるので調べてみました。

測量制度は±5度以下まで進化。

現在、上空、地上問わず測量手法には以下の5種類があります。

※航空写真測量

※航空レーザー測量

※地上3Dレーザー測量

※光波測量

※ドローン写真測量

このうち最も精度が高いと言われているのが、地上3Dレーザー測量ですが、ドローンの測量はこれと同じ位の精度を持つと言われています。

 

1ヘクタールあたりの撮影所要時間(目安)

30分程度。

データー処理までに半日程度で完了。

航空機や、衛生と比べてはるかに手軽に機材を用意・撮影できる。セッティングにも時間を要しません。

 

人が入れない場所にもドローンは行ける

手間がかかるといった地形や崖などの現場、人が近づくのに危険を伴う場所でもドローンであれば可能。

ただ・・・

木が茂っているなど写真では地形が把握しにくい場合に精度が落ちてしまう。との難点があります。

 

これからどんどん進化していくドローン。

山本工務店でもドローンが使われる日が近いかもしれません。