こんにちは。

 

ゴールデンウィー最終日は31度もあり、夏がきたなー。とおもっていたのに

今日は、大きなの雷の音とともに、雨がザーッと降ってきました・・・

と思ったら、からっと晴れていいお天気になりましたね。

このお仕事に就いてから建設機械がやたら気になるようになりました。

そこで私も勉強の一環として、載せていきたいと思います。

 

【バックホウ】

統一用語では、油圧ショベルと呼ばれていて、油圧シリンダによるブーム、アーム、バケットの
動作と上部旋回体の旋回により、掘削・積込作業を行う機械です。走行装置はクローラが一般
的ですが、タイヤ式のものもあります。

 

ほかに、油圧ショベル、パワーショベルと呼ばれ、ホウは鍬(くわ)
という意味だそうです。    第3 章 建設工事で使用される建設機械等引用

固い地面を楽々と掘っていくバックホウは必需機械といえると思います。山本工務店では、一番使用している機械です。

 

【ブルドーザー】

なんでブルドーザーというの?

昔は畑を耕すために使われていた牛(BULL)でしたが、やがて人々は機械を使うようになり、

逆に牛は居眠り(DOZE)を・・

その二つが一つになり、BULLDOZER(ブルドーザ―)と

いう名前が付いたと言われています。

地面などを平らにする機械です。

クローラ式の走行装置と排土板(ドーザ)を持ち、主として掘削、運搬を行う機械です。また、ス
クレーパ等の牽引に使用することもあります。

第3 章 建設工事で使用される建設機械等引用

 

建設機械を使用する際も安全第一をモットーにしていきます。